1LDKは、同じ時間を共有したい二人におすすめ

1LDKとはどのような間取り?

同じ時間を大事な人と共有したい場合には、1LDKの間取りの部屋に住むのがおすすめです。あまり間取りに詳しくない人の中には時々誤解されている方がいますが、1LDKというのはキッチン付きのリビングダイニングに1部屋が付いている部屋であり、リビングダイニングを含めて1部屋しかないわけではありません。一般的には、LDKの部分を来客などを迎えるパブリックなスペース、もう一部屋をそこに住む住人だけのプライベートなスペースとして使用するケースが多いため、公使のメリハリをつけたい人にとって暮らしやすい間取りであると言えるでしょう。人に見られたくないものは、LDKには置かないようにすれば良いので、セキュリティを重視したい場合にもおすすめです。

1LDKはなぜ同じ時間を共有したい二人におすすめ?

このように何かと使い勝手の良い1LDKですが、プライベート用に使えるスペースが一部屋しかないため、特に大事な人と二人で住むのにおすすめです。というのも、二人暮らしの場合には一部屋を二人で共有するというのが通常の使い方であり、必然的に顔を合わせる機会が増える分、会話の頻度が多くなるからです。これが2LDKだと、それぞれが別々の部屋にこもってしまって顔を合わせなくなってしまう可能性があり、同じ家に住みながらいつのまにか疎遠になってしまっているというケースも珍しくありません。そのようなリスクを未然に回避したいのであれば、必要以上に広い部屋に住むのではなく、二人の時間を大切にできる1LDKを選んでおいた方が良いというわけです。

トップに戻る